リノベーションを行なうことで価値を高める【家の機能を大改造】

満足できる住宅工事を依頼する方法とは

新築とリフォーム

リフォームの動向はどうなるでしょうか。 リフォームは築20年ぐらいからする人が多いのですが、今後は新築住宅を購入するよりも中古住宅を購入してそれをリフォームするということが増えてくると予想できます。何故なら、中古住宅が大量に出回っており、国としても中古住宅が増えていくという流れを何としても止めなくてはならないからです。 中古住宅をリフォームすることで、新築住宅よ購入するよりも安くなる点がその魅力の一つです。 ただし、中古住宅があまりない郊外や、新築住宅が2000万円ぐらいで購入できるようなところは、中古住宅とリフォームの合計が、新築住宅の購入額と並んでしまうか、その価格を超えてしまうことも考えられるため注意が必要です。

リフォームの期間は新築から10年から20年ぐらいが目安だと言われています。特に日々雨風が当たっている外壁に関しては傷みやすく、寒帯地では、強烈な寒さが遅い、海のそばでは塩害が考えられるため、悪くなった状態でそのまま放置をしておくと今度は住宅の寿命が縮んでしまうのです。 そうならないためにも定期的にリフォームをする必要があります。 その依頼をするにはハウスメーカーか工務店にお願いをすると言いでしょう。 ハウスメーカーは、割高ではありますが、信頼できるところが多く、安心して依頼をすることができます。 一方工務店は、リフォームの種類によってはできないこともありますが、テレビCMや広告などを頻繁に出さないため、リフォームの価格は安めです。